スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何も知らぬ女子高生バツイチに 連れ子の娘と結婚したい!57歳ニセ婚姻届(産経新聞)

 元妻の連れ子である女子高生(16)との婚姻届などを偽造し、無断で提出したとして、明石署が有印私文書偽造容疑で明石市内の元税理士の男(57)を逮捕していたことが14日、同署への取材でわかった。同署によると、男は「好きだった」と容疑を認めているという。

 ■市は受理「書類不備なかった」

 逮捕容疑は4月18日ごろ、同市内に住む女子高生との婚姻届と、未成年者との結婚に必要な承諾書などを偽造し、同21日に女子高生に無断で同市に提出したとされる。同月下旬になり、女子高生のもとに市から婚姻届の受理を知らせる通知が届いたため発覚、同署に相談していた。

 同署によると、男は女子高生の母と同20日に離婚。女子高生との婚姻届を提出しようとしたが、承諾書がなかったため受理されず、偽造した承諾書とともに提出したという。女子高生はこの男に車でつけまわされたため、今月5日に110番し、同署が事情を聴いていた。

 明石市市民課は「書類に不備や不足がない限り内容を詮索(せんさく)することは不可能」としている。また婚姻を解消しても女子高生の戸籍には男の名前が残るため、戸籍を元に戻すには「再製」という手続きを行う必要があるという。

【関連記事】
独居の男性高齢者が急増 政府が高齢社会白書を決定
不安定雇用の若者支援を急げ 晩婚化にも拍車
韓国人ホステスに偽装結婚あっせん 44歳男を逮捕 
パチンコ攻略法商法、求人広告偽装型が増加
山田花子さん結婚 「は~今夜も汗ばむわ~」
少子化を止めろ!

睡眠導入剤成分を検出=袋詰め遺体から―大阪府警(時事通信)
【新・関西笑談】混迷時代の改革リーダー(2)(産経新聞)
ストリートビュー、個人情報まで収集…メールも(読売新聞)
<京都夫婦殺害>失跡の娘巡り口論 容疑の娘婿逮捕(毎日新聞)
<放送法改正>自公が修正案(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。